よくわからずにラグナシアに子供連れで行ってみた

ラグナシア

スポンサードリンク

最近年のせいか、はじめて行く施設ってネットで調べてもよくわかりません。
チケット体系が複雑だったりするんですが、ここは名称がややこしい。

ラグナシア?
ラグーナテンボス?
ラグーナ蒲郡はどうなった?

よくわからないまま、名古屋から高速、国道23号、どちらでも1時間30分ぐらいなので車で行ってみました。
公式サイトには名古屋から約1時間とありますが、瑞穂区からだと1時間30分。

 

ラグナシアとは

どんな施設なのか

ラグーナテンボスは、近辺一帯のリゾート施設の集まりを指します。
そのうちの一つに子供も楽しむことができる「ラグナシア」という施設があります。

ラグーナテンボスへ子供連れで行くのであれば、以下3施設です。

  1. 「ラグナシア」遊園地で遊ぶ(メイン)
  2. 「フェスティバルマーケット」でお食事と観覧車
  3. 「ラグーナの湯」という天然温泉(今回パス)

その他はエステとか、分譲マンション、レストランなのでパスしてOKです。

1日あれば十分で、のんびりできます。

 

混雑状況

普通の土日であれば混雑することはまずありません。
何度も経営が変わっていて、それほど好調ではなく、どちらかというと空いている。
空いている場所好きな我が家にはもってこい。

夏の花火大会やライブなどイベントと重なると流石に混雑します。
駐車場は多く、臨時も用意されるので待たされることはまずありません。

名称が3回も変わったから紛らわしい

なんでわかりにくいかやっとわかりました。
ここ20年で2回も名前が変わっているのです。

  1. ラグナックスアイランド蒲郡(1991年~)
  2. ラグーナ蒲郡(1999年1月18日~)
  3. ラグーナテンボス(2014年8月1日~)現在に至る

更に遊園地は「ラグナシア」と呼ぶので何が何だかわからず、オヤジの思考が停止したのでした。

ラグーナ蒲郡がわかりやすい。
若者は良いが、名前を変えるのは中年以上には酷。

滞在している客層

比較的若い世代の家族連れが7割、カップル1割、その他2割です。

その他は、名古屋だと鶴舞公園にいるようなコスプレイヤー達です。
一人の達人もいれば、10人ぐらいの集団もいます。
めずらしいのは、プロ?アマ?のカメラマンが別に同行していることです。

鶴舞公園でも見かけますが、ラグナシアでは海をモチーフにした海賊系コスプレが専門のようです。

電車やバスで行く

JR蒲郡駅から無料のシャトルバスで15分ぐらいです。
名古屋駅から1時間10分ほどで着きます。

>>詳細(公式サイトへ)

駐車場

絶対に満車になりそうもないぐらい駐車場はスペースがたくさんあります。

面倒なのが、駐車場によって料金が違う点です。
一日居るなら何も考えずに「ラグナシア」の駐車場にしましょう。

ラグナシア駐車場は、交差点「ラグーナ蒲郡」北側が入口になります。

駐車場について詳しく。
(どうでもいい人は次の章へ

次に近いのはフェスティバルマーケットの駐車場ですが、こちらは最初の1時間は無料で以降は20分ごとに100円です。
半日以内ならこちらの方が安いです。

その他は少し離れているので何も考えずにラグナシアの駐車場へ行くのがベストです。

>>ラグーナテンボス(公式)アクセス

 

ラグーナテンボスの駐車場比較

駐車場名

収容台数

料金

ラグナシア

1,000台

(+バイク100台)

800円/日

年末年始は+100円

フェスティバルマーケット

880台

(+バイク170台)

100円/20分

(1時間は無料)

(買物2,000円で3時間無料)

3時間程度の短い時間であれば、フェスティバルメーケットの方が安く済みます。
通り道で立ち寄るのであればフェスティバルマーケットの駐車場が良い。

以下に駐車時間と料金を掲載しておきます(2017年2月現在)。

ラグーナテンボスの駐車時間別料金

駐車時間

ラグナシア駐車場

フェスティバルマーケット駐車場

買い物する

フェスティバルマーケット駐車場

買い物なし

1時間

800円

0円

0円

2時間

800円

300円

0円

3時間

800円

600円

0円

4時間

800円

900円

300円

5時間

800円

1200円

600円

6時間

800円

1500円

900円

7時間

800円

1800円

1200円

8時間

800円

2100円

1500円

9時間

800円

2400円

1800円

10時間

800円

2700円

2100円

※年末年始だけはラグナシア駐車場が900円になります。

ラグナシアの施設

施設全体観

ラグナシアの船

海をモチーフにしています。

ディズニーシーの1/10000ぐらいの予算でしょうか。
頑張っています!という意気込みは随所に感じます。

夏はウォーターパークがあるので十分楽しめますが、プール季節外は運営側も悩みでしょう。
良いイベントが無いとヤバい感じですが、個人的には空いているので応援したいですね。

 

中央広場

中央にある広場。↑
夜はライトアップによるイルミネーションショーが開催されます。

区画は大きくは3つ。
海をモチーフにした一角(奥に3D劇場)、ライトアップ用の大イベント広場、遊園地・プール施設です。

360度3Dシアター

ラグナシアの3Dシアター外観

これは絶対に子供が喜びます。

 

ラグナシアの3Dシアタースケジュール

時間ごとに上映する内容が違い、ホラー系、恐竜系などファミリー層、カップル層を狙いうちしています。

2016年11月時点では、恐竜系「ダイナソーアドベンチャー」の上映を見ましたが迫力満点で6歳長男も大喜びです。
1歳児はビビッていたのか静観。(メガネないし)
上映時間は20分程度ですが、飽きがくる直前でいい具合。

上映15分ぐらい前から人が並び始めます。様子を見ながらお早めに。
施設内に人がパラパラとしかいない混み具合でも、人気がある上映では皆集まってきます。
やることが限られている施設ですからね(笑)

入口で3Dメガネをもらう。
3Dなんて子供の頃に見たジョーズ以来。

 

ラグナシアの3Dシアター内部

中は本当に360度映画スクリーンになっています。↑

上映中は本当に目の前に恐竜が見え、臨場感が果てしなくあります。
前も後ろも映画スクリーンなのでそこにいる感じ!(ちょっと言い過ぎ)

子供がもう少し大きくなったら、ホラーものもぜひとも鑑賞したいですねぇ。

イベント

ラグナシアのイベント

常に何らかのイベントが開催されています。
入口すぐの小広場で開催されるケースが多いですね。

2017年1月9日までの期間でしたが、恐竜系のイベントが開催されていました。
「ファントム・オブ・ダイナソー」。直訳すると恐竜の幻影?
半分これ目当てで行ったんですけどね。

リアルな恐竜の着ぐるみをきた恐竜を恐竜ハンターが捕獲しようとするショーです。
観客も食べられるので小さい子は大泣き。
我が子6歳は、「怖くない!」と威勢をはりつつ、すごいしがみついてきましたよ。

DINO-A-LIVE」というリアルな恐竜を専門としたイベント会社による催しです。
全国的に色々な施設で開催しているので、もし機会があれば子供を連れて行くと喜びます。

遊園地ゾーン

ラグナシアの遊園地ゾーン

これといった特徴はありませんが、子供が遊ぶには十分な遊園地があります。
(サンタも人不足なんですねぇ。時代を感じる)

私営なので結構な値段とります。
ラグナシアの入園料と、遊園地乗り放題もセットになると大人4,100円、小学生3,000円、幼児2,250円します。

 

ラグナシアの遊園地パスポート

乗り放題のパスポートは中で入園料とは別に買うこともできます。↑
乗り放題パスポート単独の値段は、大人1,950円、小学生1,800円、3歳以上の未就学児1,550円。
大人だけとか、子供だけという買い方もできます。

 

ラグナシアの遊園地料金

乗り放題は時間も永遠になりそうなので、都度購入にしましたが高いなぁ~。↑
(写真クリックで高解像度画像)
値段もさることながら、乗る前に都度チケットを買うのも面倒でした。
手間も考えるとやっぱりパスポートが楽チンですね。

 

ラグナシアのジェットコースター身長制限

東山動物園の子供用ジェットコースター以来。
全然規模が違い、途中「ウヒィーーー」と雄たけび。
楽しいけど怖いみたいで後半は大人しくなる。
でも結果楽しめたようです。

ちなみにここで乗ってからは他の遊園地でも半年ぐらいは他の遊園地でも乗らなくなりました(笑)

フェスティバルマーケットの観覧車

ラグーナの観覧車内

あとは一旦ラグナシアを出て、フェスティバルマーケットの観覧車に行き、食事して帰宅。
観覧車は夕日も見れてタイミングバッチリでした。(大きくなっても兄弟仲良くしろよ↑)

観覧車はてっきりラグナシア内かと思いきや、ショッピングできるフェスティバルマーケットにあるんですね。
ラグナシアは入場料が必要なのでその辺も考えているのでしょう。

 

観覧車内のエアコン

「おっ!エアコンがある」と思いきや夏専用です。
冬は観覧車さっむいなぁ~。
子供にとっては関係ないけど。

 

 

まとめ

ラグナシアで遊べるのはこんな感じです。
子供には十分すぎるほどの施設規模がありますので、空いている時期はお勧めです。

名古屋から車で1時間半。
お出かけ気分も満載なのでパパも一仕事した気になれます。

夏はプール、水遊びが楽しそうなのでまた行ったらアップします。

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 子供を連れて行こうかと思っており参考になりました。
    気になることがありましてご連絡させて頂きます。
    入園料、パスポートについてですが
    「大人4100円…」というのは乗り物乗り放題付きだと公式HP上では記載がありました。
    入園券のみの「大人2150円…」というのを買って入園した場合に購入するのが「大人1950円…」のものではないでしょうか?

    夏のプール、水遊びの記事を楽しみに待っております。

    • コメントありがとうございます!
      ご質問のとおりです。ややこしくてすみません。
      大人4,100円は入園券+遊園地乗り放題の料金です。
      入園券だけ購入し、後から1,950円で遊園地乗り放題パスポートが購入できます。
      先に入園券と乗り放題パスポートをセットで買っても、後から乗り放題パスポートを追加買っても総額は一緒なんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    男児2名の父親です。 休みの日に子供をどこに連れて行こうかいつも考えています。 誰かのお役にたてればと、親離れするまで気長に書き続けます。