伊香保ロープウェイで山頂へ子供連れで行ってみた

伊香保ロープウェイ

スポンサードリンク

伊香保の石段から5分程歩いたところにあるのが伊香保ロープウェイ。
地上から4分間だけ乗ると物聞山(ものききやま)山頂からの大自然が見渡せできます。

それだけ・・・と言えばそれだけ。

子供はロープウェイに乗ること自体と山頂の公園にある遊具、ちょっとした山頂から展望台までの5分程のハイキングを楽しんでいました。

 

伊香保ロープウェイの基本情報

場所

伊香保の石段でいうと頂上付近の伊香保神社から東へ歩いて7分程(450m)です。
石段の下から歩くと結構死にそうですが、石段中央あたりからなら5分と近い。
地図(googlemap ロープウェイ乗り場)

目指すのは不如帰駅(ほととぎすえき)でそこがロープウェイ乗り場です。
頂上は見晴駅(みはらしえき)で、途中停車はありません。

 

駐車場

伊香保ロープウェイの駐車場看板

有料ではありますが、ロープウェイ乗り場のすぐ東に市営駐車場があります。
デカデカと看板が出ているので直ぐにわかります。
周辺の交通量は少なく、東西どちらからでも入れます。
(写真は駐車場の東側から撮影)

地図(googlemap 渋川市営物聞駐車場)
休日でも満車になることはほとのどありません。

普通車2時間まで300円。以降1時間ごとに100円。最大800円。
先に300円支払います。
2016年8月までは無料だったのですが、有料になりました。

伊香保ロープウェイ駐車場

駐車場のすぐ隣にロープウェイ乗り場があります。
駐車場は有人でガラガラ。
紅葉時期にもなると車列ができています。

 

ロープウェイ料金

伊香保ロープウェイ料金

結構な料金するんですよね。

  • 大人(中学生以上)が往復で820円。片道490円。
  • 子供(小学生から)が往復で410円。片道240円。

ロープウェイを利用しなくても遊歩道から上り下りができますが、子供連れなのでパス。
舗装されているとはいえ、抱っこでの坂道は遠慮しておきますわ。

伊香保ロープウェイのチケット

私と妻、長男(小1)、1歳児(タダ)で2,050円也。
ロープウェイは8:45から17:00まで15分おきに往復しています。
残念ながらペットを連れてロープウェイに乗ることはできません。(介助犬除く)

 

伊香保ロープウェイの割引

伊香保に宿泊した場合は、旅館などに「伊香保旅手帳(冊子)」があります。
もしお持ちであれば10%引きでロープウェイに乗れます。

その他、伊香保温泉までバスをご利用の場合は「伊香保温泉周遊フリー乗車券」を買っていればこちらも往復10%引きになります。

それ以外の割引はあまり見かけません。

 

バス停

バスを利用する場合は関越交通バスが一番近くまで行きます。

関越交通バスは渋川駅から「伊香保温泉行き」に乗って25分です。
下車するバス停は「伊香保バスターミナル」。
伊香保バスターミナルのすぐ隣です。

群馬バスだと「八千代坂」下車後徒歩20分です。
こちらはバス停から急坂でかなりしんどいのでパスした方がいいです。

 

夜間

伊香保ロープウェイの営業時間は午前9時~午後5時まで(上り最終は午後4時45分)です。
なので普段は夜間は利用できません。

年何回かですが、イベント的に定期的に夜間運行される期間があります。
2017年では3月に実施され、料金も昼間より安い大人610円での開放でした。
次回は未定です。

昨年2016年は8月、11月にも開放されていました。
夜景は渋川市、前橋市と山々が見事に見えてきれいですよ。
伊香保温泉宿泊中であればおすすめ。

 

ベビーカーで行く場合

ベビーカーでも上まで行くことはできます。
不如帰駅(乗り場)は5階建てですがエレベーター完備です。
ただ頂上から展望台までは舗装されていない道なので無理です。
行くとしたら頂上にベビーカーを置いて抱っこかな。

 

 

ロープウェイから頂上の様子

ゴンドラ

伊香保ロープウェイのゴンドラ

ゴンドラは21人乗りで椅子が4人分だけあります。
結構狭い。
乗車時間はものの4分であっという間。
子供が「もっと、もっと~」コールですがこれ以上登れません。

 

頂上の見晴駅

伊香保ロープウェイ頂上 見晴駅

見晴駅(みはらしえき)とそのまんまのネーミングで、景色に期待。
帰りの時間も時刻表をチェック。

 

上ノ山公園

上ノ山公園

頂上は上ノ山公園(うえのやまこうえん)という公園で、展望台や本格的な競技用のスケート場、伊香保リンクがあります。
伊香保リンクは当然冬場のみですが、稀に一般開放している期間があります。

伊香保ロープウェイ展望台看板

展望台へは数分歩きます。
「イノシシ出没注意」の看板に子供が少々ビビる。
というか本当に出たら傘さして横にかわすとか、木に隠れるかとか一家の主として考えてしまう。

上ノ山公園の道

道はこんな感じ。
ベビーカーでは厳しいですが、整備されているので歩きにくいということはありません。
私はサンダルだったので嫁に「山をなめてる」との罵声を受ける。

ときめきデッキ

展望台には、「ときめきデッキ」があります。
木製の展望デッキです。
子供は一瞬アスレチックと勘違い。

伊香保ロープウェイ展望台景色

景色最高。
2,000mクラスの山々と渋川市、温泉街などが見えます。
子供も嫁もハイテンション。

浅間山(水沢山)

東側に見えるのは浅間山です。
浅間山って同名の山が全国に32個もあるんですよね。
こちらは群馬県渋川市の浅間山(読み:あさまやま)1,194mで別名、水沢山(読み:みずさわやま)。
有名な水沢うどんはここからの命名です。

上ノ山公園の遊具

上ノ山公園の遊具です。
ちょっとだけ遊べますが、虫がいたので子供は戦意喪失。

伊香保スケート場

ロープウェイ乗り場の近くからはスケート場に行けます。
夏季は閉鎖中。
スケートは絶対夏にできたら涼しくていいのにぃ。

 

まとめ

頂上にはこれといったものはありませんが、景色は圧巻されます。
伊香保で帰りまでお時間があれば立ち寄ってみよう。
ちなみに天気が悪い日は何も見えません。
駐車場あたりから山の方をチェックして見えれば大丈夫です。

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

男児2名の父親です。 休みの日に子供をどこに連れて行こうかいつも考えています。 誰かのお役にたてればと、親離れするまで気長に書き続けます。