赤城ふれあいの森で無料のバーベキュー

赤城ふれいあいの森にてバーベキュー

群馬県で探せばバーベキューができる場所はいくらでもあります。
中でも赤城ふれあいの森のバーベキュー場はおすすめの一つです。
木陰があり、空いている、炊事場とトイレがあり、駐車場も近く、さらに無料です。
予約なしのスペースを利用した時の様子をご紹介します。

スポンサードリンク

 

赤城ふれあいの森のバーベキュー場

2種類あるバーベキュー場の施設

赤城ふれいあいの森バーベキュー場は、4月1日から11月まで可能で土日になると予約は半分以上は常に埋まっています。
バーベキューをする場合は事前予約して利用するエリアと、自由に利用できるスペースを利用する2通りがあります。
予約が必要なスペースは1週間前までに電話予約が必要です。
逆に自由スペースは常にガラガラ。過去に自グループ以外には、いても1グループまでです。

 予約制
スペース
自由制
スペース
予約可否×
予約期限1週間前まで
雨天時の利用×
道具の貸出×
炭を捨てる
トイレ
影・日よけ
駐車場

道具がある人は予約なしの自由スペースがおすすめ。
予約スペースのコンロは囲炉裏のスタイルで、皆で座って囲むタイプです。
屋根もあってよいですが、自由スペースでも木陰がかなりできているので十分。
予約不要な自由スペースの方が自然の中でバーベキューしている感があり、知人の間では自由スペースが一般化しています。

 

予約ありでの利用の流れ

赤城ふれいあいの森予約制バーベキュー場

1週間前までに「赤城ふれあいの森 管理事務所 電話番号 027-287-8806」へ電話で予約します。
日にち、人数、連絡先、氏名などを伝えます。

当日、12時までに受付(ふれあいの森 木の家)で行き、受付します。
道具の貸し出しなどあればそこで借りて予約した場所まで行きます。

15時までには道具を返却しないといけません。
時間までに片付けも済むように早めに切り上げましょう。

 

予約なしでの利用の流れ

赤城ふれいあいの森バーベキュー自由スペース

予約不要といっても、当日受付(ふれあいの森 木の家)へ行き、受付します。
場所は分からなければ大体のスペースも教えてくれます。

予約あり同様に15時までに片付けが終わっている必要があります。
自由スペースでも炭を捨てる場所が用意されていますので、ゴミだけ持ち帰りましょう。

 

行き方・アクセス

GoogleMapでも普通に検索するとわかりにくい場所にあります。
駐車場は上記地図のあたりに駐車場があります。

詳しい行き方が下記になります。
赤城バーベキュー場の地図

GoogleMapやカーナビだと最後の「分岐を右へ」がうまく誘導してくれません。
分岐手前あたりから徒歩と表示されますが、「分岐を右へ」というところにはゲートがあり、ちゃんと車で入れます。
バーベキューができる朝から夕方まで道路入り口が開放されています。

ほとんどのナビや地図アプリでは赤色の矢印のルートを案内されるはずです。
それは南側の道路が非常に狭いため、一般的には地元の人でも利用しません。
少々遠回りに見えても北から行くルート上記のルートが正解です。

 

駐車場

あかぎふれいあいの森 第1駐車場

駐車場はバーベキューの受付などを行う「あかぎ木の家」すぐそばにあります。
先にご紹介した地図の「駐車場」に20台ぐらい停められます。
写真はゴールデンウィーク中ですが、それでも5、6台は空いています。
満車になることはないでしょう。

 

服装

標高が高いため、少々肌寒く感じます。快晴の5月でも軽い上着があるといい。
バーベキュー場は前橋市と比べると平均で5℃気温が下がります。

子供たちも日中、水風船遊びでビチャビチャになっていましたが、遊び終わるとみんな寒そう。当たり前か(笑)
子供も短パン、半そでで少し休憩していると寒いらしく、上着を欲しがります。
6月までは上着を持っていきましょう。

 

持ち物(予約ありの場合)

赤城ふれあいの森 予約制バーベキュー場

予約する場合は、ほとんどの用品を無料で貸し出してくれます。
無料貸出は鉄板、アミ、鍋、飯盒(ハンゴウ)、おたま、包丁、トングです。

炭は4kgで900円と有料で販売もされています。
炭の量は目安として1人1kgです。時間は2、3時間程度もつので4人でちょうどよいぐらいの量です。
値段的にも特に高くはありませんが、ホームセンターへ行けば4kgで500~600円程度の安い炭もあります。

必要なのは食材、飲み物、ゴミ袋、食器類、炭(持ち込みの場合)などです。
屋根付きスペースなので、椅子やテント、タープなどは利用するスペースはないため不要です。

 

持ち物(予約なしの場合)

あかぎふれいあいの森バーベキュー

予約なしで自由スペースを利用する場合は原則すべてのものを持ち込む必要があります。
バーベキューコンロ、鉄板、アミ、包丁、トング、炭、食材、飲み物、ゴミ袋、食器類などです。

木陰も多い場所ですが、場所をとられていた場合を考え、タープなどあれば安心です。
(かなりの確率で誰もいないためわざわざ買う必要はないでしょう)

コールマンのベンチ

木製のテーブルもありますが、アウトドア用の椅子があると便利です。
我が家は今年新調したベンチ型の椅子を重宝しています。
普段はなかなか寝ない次男のお昼寝スペースになります。
どの道2個セットで買う方が多いと思いますが、それなら1つで持ち運びも楽です。
保管性は負けます。たたむだけなので少々場所はとりますが子供部屋で家の中でも使ってしまっています。

▽Coleman コールマン 2人用ベンチ

 

その他(炊事場・トイレなど)

赤城ふれいあいの森バーベキュー場の炊事場

予約制のエリア付近に無料で利用できる炊事場(上記写真)やトイレも完備されています。
面倒なので調理は家でママさんたちが済ませてくれます(感謝)が、帰りの前のちょっとした洗い物に便利。
炭の捨て場は別にきちんとあるため、お片付け時は助かります。

その他大変助かるのが、駐車場に置いてあるガラガラ(カート)です。
バーベキューをする場合はどうしても荷物が多くなるので駐車場で貸し出し用のカートに積んで運べます。
舗装路がバーベキュースペースのすぐそばまでありますので楽チン。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

群馬各地にバーベキュー場はありますが、他と比べると無料な点が助かります。
また、真夏でも赤城は5℃ぐらい低いので快適?(それでも暑い・・・)に過ごせます。
ゴールデンウィークでも予約スペースを含め5組ぐらいしかいなかったので空いています。
バーベキューを考えている際は、一度ご検討を。

(広告)

赤城ふれいあいの森にてバーベキュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.