不二洞へ行く際の最適な服装

不二洞 入口

スポンサードリンク

関東一の長さを誇る鍾乳洞「不二洞」(ふじどう)が群馬県上野村にあります。

夏も冬も洞窟内は、気温が一定で11度前後です。
これは東京で3月頃の平均気温なので、じっとしているのであれば長袖か薄手のセーターぐらいが快適な気温です。

不二洞で困るのはとにかく歩くため、暑くなること。
入口までは坂を歩き、中では148段の階段をのぼるので結構な運動量になります。
調整が効くような洋服がベストです。

不二洞は夏場はアームウォーマーや、腕まくりができる長袖シャツ。暑がりなら半そででも大丈夫。
冬は洞窟を出ると寒いのでなるべくかさ張らないコートが最適。
靴は動きやすいスニーカーです。

 

不二洞の平均気温と目安

不二洞は山奥にあり、更に外界の気温を受けにくい地下のため、気温は年間で同じ11℃です。

11度はじっとしていると少し寒く、長袖か薄手のセーターぐらいが快適です。
ただ、夏場だと涼しく感じ、冬は暖かく感じる気温です。

 

東京の年間平均気温

東京の年間を通じた平均気温は16.4度です。

平均気温服装例
1月6.1℃冬物コート、ダウンジャケット
2月7.2℃冬物コート
3月10.1℃セーター、トレンチコート
4月15.4℃ジャケット、厚め長袖シャツ
5月20.2℃秋ものセーター
6月22.4℃秋ものセーター
7月25.4℃薄手長袖シャツ
8月27.1℃半袖
9月24.4℃薄手長袖シャツ
10月18.7℃秋ものセーター
11月11.4℃セーター、トレンチコート
12月8.9℃冬物コート

2016年 気象庁統計

 

不二洞でベストな服装

↑5月に上記の恰好で行きましたが、暑くて死にそう(汗)。

私:比較的薄手のウィンドブレーカー、息子:少し厚めのパーカー
子供も途中から上着は妻に預ける。
私は抱っこ紐があり、脱げずに汗だく。

 

服装(夏場)

暑がりな方、子供は上はTシャツで十分です。
短パン・半袖の方も現地ではすれ違います。

普通は、腕まくりできるような長袖、軽く羽織れるカーディガンが丁度良いでしょう。
アームウォーマーなんかも調整出来て便利です。

 

服装(春、秋)

外にいるときの服装そのままで丁度良いでしょう。
外よりも気温が少し低めになりますが、その分動いて体が温まるので快適になります。

 

服装(冬場)

不二洞は冬でも10:00~16:00まで開いています。
冬の服装が一番困ります。

私も実際には冬に行ったことはありませんが、洞窟内では長袖1枚でも問題ありません。
問題は洞窟の出入り口から駐車場までの間です。

なるべく荷物を減らしてコートを持ったまま、中では脱ぐのが考えられるベストです。
洞窟内で汗をかいた後に外に出ると一瞬で冷えそう。

 

不二洞 三界の橋

↑のような場所をくぐったりする場所もあります。
靴は底がフラットなスニーカーや動きやすいものがいいです。

多少滑る場所もありますが、見学コースになっていて整備済みです。
登山用の靴をわざわざ準備する必要はありません。

 

 

まとめ

服装は人による差もあるため、一概に難しいところがあります。

一番多い恰好はやはり長袖。
薄手のコードを手に持っている人が多いのでやはり暑くなるのは皆共通です。

私みたいに暑くても脱げないような恰好が一番つらい。

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

男児2名の父親です。 休みの日に子供をどこに連れて行こうかいつも考えています。 誰かのお役にたてればと、親離れするまで気長に書き続けます。