サンテパルク田原で親子クタクタ

サンテパルク田原

「サンテパルクたはら」は、渥美半島の真ん中あたりにある入園無料の公園です。
ミニアスレチックや水遊びなど我が家が普段行くような公園とは桁違いにスケールが大きく、子供はクタクタ、巻き込まれて親も疲労困憊です。
渥美半島方面に行く際はおすすめですが、遠方からわざわざ行くほどではありません。

スポンサードリンク

サンテパルクたはら概要

施設の基本情報

「サンテパルクたはら」は、愛知県田原市が施設運営を行い、野菜販売マーケットや飲食店舗をJAが運営する公園で、正式名称は「田原市芦ヶ池農業公園」です。

場所・アクセス

愛知県田原市野田町芦ヶ池8(地図:GoogleMap)
名古屋市内からだと高速を使っても2時間ぐらいかかります。
東名豊川ICから60分、東名浜松ICからだと90分。
近くまで高速が無いので少々不便ですが、豊橋あたりからの道路は空いていて天気の良い日はドライブが最高に気持ちがいいです。

カーフェリーで三重県の鳥羽から伊良湖まで行く楽しそうなルートもあります。
フェリーは車の大きさにもよりますが、4千円~1万円ぐらいで、時間でフェリーが1時間でそこから車で30分です。
伊勢湾フェリー公式サイト

 

開園日と時間

午前9時30分~午後17時00分
毎週木曜日は休園なのでご注意(木曜日が祝日の場合は翌平日)

 

駐車場

400台分の駐車スペースがあり年中無料。よほどのことがなければ満車にはなりません。
車両の間隔も広くて停めやすく、駐車の心配は無用です。

 

昼食がとれる場所

施設内には、レストランと喫茶室の2つがあります。我が家は喫茶店の方しか無いと思い喫茶店は40分程待ちました。
農園がテーマの施設なので野菜系が多く、子供も食べられそうな野菜カレーにしました。レストランは90席程あるようですが、昼どきはやはり混雑します。
周辺に食事できる場所はないので昼前の早めに行くのが正解です。

スポンサードリンク

 

遊び・遊具のご紹介

水遊び広場

普段は花を飾ったりする広場ですが、夏季はヒザ深さぐらいのプールになります。
子供が一番はまり、2時間ぐらいバシャバショとやりますので水着はもって行きたいですね。
水は浅くてぬるいので大人は足だけつかるのが精いっぱいです。

サンテパルクたはら水遊び

ミニアスレチック

他の遊び場と違い、ミニアスレチックの場所は全体的に日陰でかなり快適です。
息子も初めてのアスレチックで意気揚々でした。

 

ローラー滑り台

ローラー滑り台
よくあるローラー式の滑り台です。
大人になってあまり乗ったことはなかったのですが、誰もいないので私もチャレンジ。
大人がやるとすごく加速します。私はビビッて手でブレーキしようとしたことで手に少々ヤケドを負う目に合いましたのでご注意です。

 

ターザンロープ

手を放すなよ!
「うん!」
ボトッっ。
速攻でターザンロープの手を放して落ち、下がやわらかくケガもなく平気でしたが、戦意喪失。
日陰で涼しい場所なのに残念。
少し階段を登ったところに子豚や烏骨鶏(ウコッケイ)、モルモットがいるらしいのですが、妊娠中の嫁には階段がきつく断念です。
子供に伝えると間違いなく食いつくのでもちろん黙っています。

 

芦ヶ池サイクリングコース

一周が2.7kmある池です。
3人乗りのおもしろ自転車(有料)の貸出を利用しました。
子供は大喜びですが、足が届かず「速く!速く!もっともっと!」と声だけ発するやかましい役です。

灼熱の中、貸出時間の20分で2.7kmを一周するのは我が家では無理。
最初は一周できると思いましたが、出発後3分で断念。
妊婦1名、4歳児を載せてママチャリの5倍ぐらい重たい自転車を時速8.1kmで灼熱のコースをこぎ続ける計算です。
チャレンジするなら最低大人2名でペットボトル4本は必要です。

自転車の貸し出し料金

  • 2人乗り…200円(20分)
  • 3人乗り…200円(20分)
  • 6人乗り…300円(20分)

 

野菜の遊園地

野菜の遊園地

子供が大嫌いな野菜がモチーフのジャングルジムや滑り台の大型の遊具があります。
嫌いな野菜など関係なく遊びまくっていましたが、日影がなくそうそうに切り上げさせました。

 

室内の休憩所

サラダ館室内

施設の真ん中あたりに「サラダ館」という室内スペースがあります。
エアコンが効いていて外の灼熱地獄と比べると天国です。

自然や農業に関しての学習とのことですが、正直全然面白く…ないです。スミマセン。
涼しくて椅子にも座れるので、息子を適当に煽って探検させていました。

子供は何でも楽しめて幸せです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

渥美半島は春先まではフルーツ狩りが楽しめる場所がいくつもありますが、夏場は子供が楽しめるこういった場所は近くにはありません。
なんだかんだ昼前から一日近く遊んでしまい、大人も子供もクタクタです。
体力の半分は日差しにもっていかれますが、普段近所にはない規模の公園なので近くに寄った際はおすすめです。
夏場はプールがあるので水着やタオルセットなどお忘れなく。
今回宿泊したのは伊良湖(いらこ)ビューホテル。プールとビュッフェが最高。

(広告)

サンテパルク田原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です