八ッ場ダムの見学ツアーに子供連れで参加してきた

八ッ場ダムの展望台

八ッ場ダムは約70年前に計画発表されたダム計画。ようやく完成に向けて動き出し、2020年に完成が予定されています。
完成までの間、木曜日を除く日に行けばダムの見学ツアーに無料で誰でも参加することができます。
予約はできないので先着順です。

9月の3連休の中日にフラっと家族で行った様子を詳しくご紹介します。
コース:「ダム見学」→「道の駅 八ッ場ふるさと館」→「川原湯温泉」

スポンサードリンク

八ッ場ダムの見学

見学の概要

国土交通省の担当者が詳しく建設の概要を説明しながら、普段は入れないダムのすぐそばまで見学することができます。往復で40分程。参加は無料ですが、募金の協力依頼はあります。

見学時には砂利道、鉄板を敷いた道など足場が若干悪い場所を300mほど歩きます。
ウチの2歳児も行きだけは歩けた(帰りは抱っこで爆睡)ので、スニーカー程度で十分ですが、ヒールでは厳しい。

見学は、受付で配布されるヘルメットを着用する必要があります。
ちゃんと子供用のヘルメットも用意があります。嫌がる次男に無理やりかぶせる(笑)

見学内容は都度変わります。
巨大建造物の工事が進むにつれて見えるもの、状況が変わるので一定ではありません。
行ってのお楽しみですね。

 

開催日と開催時間

2018年は4月2日から11月30日まで開催されています。
定休日は木曜日(木曜日が祝日の場合は開催)

平日は11時、13時の2回。
休日は10時、11時、13時、14時、15時の5回です。
(人が多い場合は臨時で開催されるケースもあります)

 

見学場所

見学はダムのすぐそばまで移動できます。右岸天端から工事の様子を見ることができます。

見学会の集合場所は、「川原湯湖畔公園駐車場」です。
この場所、我が家のナビでは出てこなかったので、住所で検索して位置を調整しました。(GoogleMap地図)
住所は「〒377-1302 群馬県吾妻郡長野原町川原湯」

八ッ場ダム見学場所の地図

周辺には駐車場が他にも3カ所あるのでお間違えなく。
駐車場の入り口付近に「受付」と書かれたテント(タープ)があれば間違いありません。

電車で来られている方もいました。
JR川原湯温泉駅から2kmあるので徒歩だと30分かかりますので、川原湯温泉からタクシーを利用していました。
この、川湯温泉駅は1日平均の利用者が30人弱で、群馬県で最も利用者が少ない駅。ダムの底に沈むということで現在の場所に2014年に移転しています。
1時間に1本あるかないかです。時刻表はよくご確認を。

 

服装

服装は軽く動ける恰好で良いです。防寒対策は不要ですが、夏は日差しがキツイです。
靴はスニーカーの人が多く、ヒールはさすがに誰もいない。

寒いとおもっていましたが暑い!
山中ということで、嫁なんてセーターを着ていましたが、日差しガンガンで汗だく。
考えてみれば標高は600m程度なので周辺の市内(中之条、伊香保、渋川など)とほとんど変わりません。

ダム付近の最高気温は8月30℃、9月25.5℃、10月19.9℃、11月14.7度。
年間平均気温は18.2℃なので東京の平均気温19.8℃と比べ、2℃~5℃ぐらい寒いと考えればよいです。
10月に入ったら+1枚を持って行きましょう。

スポンサードリンク

 

八ッ場ダム見学・周辺施設の混雑状況

見学会の混雑

3連休の真ん中ということもあり、「満員で見学できなかったらどうしよう」という心配がありましたが問題なし。
定員は駐車場が満車になるまでです。
人数にすると私の参加した13時の回では約120名の参加。数台が駐車場で引き返していたのであとちょっとというところです。

開始の15分前に行けば大丈夫。心配なら30分前に行って、駐車場のすぐ前にある展望台からダムを眺めて時間をつぶしておきましょう。
心配性な私は、40分前に到着したら3組しかいなかった(笑)

駐車場の混雑

八ッ場ダム見学会の駐車場

八ッ場ダム見学会の駐車場 受付40分前

13:00の回に参加する予定でいきましたが、到着が12:20。車は数台しかいません。
ガラガラの予感でしたが、12:45頃に車が一気に集まってきて13時前には満車状態でした。

八ッ場ダム見学会の駐車場

八ッ場ダム見学会の駐車場 見学会終了時

ちなみに路上駐車はできません。
係りの人がいるので注意され、受付もしてくれません。
遠くにある駐車場に停めれば大丈夫ですが、それなら早めに集合する方が楽です。

 

川原湯温泉の混雑

川原湯温泉の日帰り温泉 王湯

近隣施設に川原湯温泉(かわらゆおんせん)がありますが、夕方15:30頃から17:00にかけて混みます。
洗い場が男女共に3つしかないので待つことになります。

我が家は、2Fの休憩所で30分ほど待ってから入りましたが、それでも5分程中で待っていました。
子供を2人も連れていたので待つのは結構大変です。
脱衣所からすぐ見えるので、様子を見てから判断してもよいでしょう。

 

道の駅 八ッ場ふるさと館の混雑

道の駅八ッ場ダムふるさと館の食堂

道の駅八ッ場ダムふるさと館のダムカレーがある食堂 15時の様子

人気のダムカレーが食べたくて寄りましたが、14:30頃でも食堂は満席。
お蕎麦屋さんとダムカレーが食べられる食堂の2つがあります。
おそば屋さんは席数も多く、ガラガラ状態。ダムカレーの食堂はテーブル席が9卓ぐらいなのでなかなか空きません。

八ッ場ダムカレー

道の駅八ッ場ふるさと館のダムカレー

ソフトクリームでも食べながら時間をつぶして15時にはガラガラ。15時に食べてしまうと夜ご飯が微妙ですが、ダムカレーを楽しみにしていた長男はご飯まで追加(笑)
ダムカレーは甘口(野菜)、辛口(舞茸)がありますが、辛口は大人でも結構なピリピリ感があります。

スポンサードリンク

 

ダム見学会の様子

見学会の受付

八ッ場ダム見学会の受付

受付は駐車場横のテントの下で行います。
名前、年齢、性別、どこで開催を知ったかなど簡単なアンケート形式になっています。
家族全員分を記入して、ヘルメットの配布を待ちます。
参加は無料です。

受付はお昼休み中はやっていないので、13時の回に参加する場合は12:50頃まで待ちます。

 

ヘルメットの配布

八ッ場ダム見学会のカラーヘルメット

ヘルメットは色付きのヘルメットが50個用意されていますが、こちらは先着順。
無くなり次第、白のヘルメットになります。
長男は大好きな「赤」をご要望し、ちゃんと入手していました。
ヘルメットはサイズ調整範囲が広いので、7歳児でも大人用で十分でした。

写真の右奥にあるのが幼児用のカラーヘルメット。
ちゃんと2歳児でも被れました。

ヘルメットの数はかなりあります。
足りなくなると奥の物置から大量に出てきますのでなくなる心配はありません。

ヘルメットは、前回利用した人の汗?のせいで少し濡れていました・・・
嫁のは大丈夫だったので運次第です。
(終了後にはちゃんと消毒して掃除はしていました)

 

見学要領の説明

八ッ場ダム見学会の集合場所

ヘルメットを被ったら国土交通省のご担当者から注意事項や見学要領の説明です。
写りきっていませんが、連休ともあって120名ほどの参加。
この駐車場兼、受付から道路を歩いて工事現場の奥まで歩いていきます。

説明はマイクで行われますが、後ろの方だとほとんど聞こえません。
じっくり説明を知りたい人は担当者の近くに行きましょう。

 

工事現場までの通路

八ッ場ダム見学会の通路

工事現場内は上記のような通路を歩いていきます。
微妙な坂道ですが、鉄板が敷いてあり、歩きやすくなっています。
写真の矢印部分はしたが網状になっており、地上が丸見えです。

長男が走ると、マイクで「走らないでねー」と注意されます。
鉄板の隙間など足をひっかけてしまう場所が何か所もあります。安全にはご注意。

網状の床の部分↓

八ッ場ダム見学会の網状の床

相当高い上に、工事中という即席の床なので怖さ倍増です(怖~)

 

ダム本体の建設現場

八ッ場ダムの建設現場

八ッ場ダムの建設現場 2018年9月23日

2018年9月23日時点で高さは8割強の高さまで完成しています。
少しずつダムの上部にコンクリートを重ねていきます。1回で1.5mずつ116mの高さまで重ね、横幅は290.8m。
コンクリートは90万立法メートルという想像できない量を使います。

ここまでくると完成した姿が想像できます。
でも、連休の中日だったせいか、工事はお休みだったので残念。

運がいいと、ワイヤーでつられて運ばれる重機やコンクリートの打設を見ることができます。

スポンサードリンク

 

まとめ

連休でも30分前に行けば余裕です。今しか見られない建設中のダムと完成後のダムを見るのを子供も楽しみにしています。
ダム見学の後は、道の駅でダムカレーを食べ、川原湯温泉で日帰り入浴のコースがゴールデンルートですね。

見学会では説明は一生懸命ですが、「専門用語が多くて理解が難しい」というのが嫁の感想。
連休だったため、人が多かったので聞き取りにくいというのは私も感じました。

案内してくれるのは、国土交通省の人たちで、人当たりはものすごく良く、好印象でした。
行けるなら、空いている平日や普通の土日の方がおススメです。空いていれば質問にも沢山答えてくれます。

(広告)

八ッ場ダムの展望台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です