大高緑地の交通公園でゴーカートを楽しむ

大高緑地ゴーカート

大高緑地公園にはゴーカートが楽しめる交通公園という名の場所があります。

本来の目的は、中学生以下に交通教育するためと名古屋市が運営する施設です。
運転の仕方が勉強になるかもしれませんが、誰も教育とは知らないですね(笑)。

カートは一人乗り用と二人乗り用の2種類があります。
一人乗り用は小学校3年生からで1回100円、二人乗り用は保護者と乗っても150円と安いです。

男の子にお勧めのゴーカートの様子を詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

 

ゴーカート利用の概要・施設概要

駐車場

駐車場は第3駐車場または、第2駐車場が近いです。
第2駐車場はベビーゴルフも併用しているので両方利用予定の方は第2からどうぞ。

天気が良い時季や休日は結構混雑します。
一番混雑する第6駐車場ほどではありませんが、第3駐車場でも数台空き待ちがいたり、回遊したりしています。

比較的子供向けの施設は入れ替えが多いので、少し待てば空きます。

 

年齢など乗車制限

ゴーカートは1人乗り用と2人乗り用があり、それぞれ年齢制限があります。
乗車場所もコースの手前と向かい側に分かれます。

一人乗りゴーカート

小学校3年生から中学校3年生までです。

 

二人乗りゴーカート

以下のいずれかです。

  • 二人とも小学校3年生から中学校3年生の場合。
  • 小学校6年生以下の児童と保護者(高校生以上)

中学生は1人乗りしか乗れないということです。
当然飲酒状態はNG。ペットと乗るのもダメです。

 

チケット購入・料金

チケット売り場が第3駐車場側の入り口付近にあります。
事前に乗車する1人乗り/2人乗りのいずれかの券を購入します。

スポンサードリンク

 

 

息子と乗車してみた様子

乗り場

大高緑地ゴーカート乗り場

乗り場は写真左手が1人乗り用(黄色の看板)で、2人乗り用(ピンク看板)が右手です。
1人乗りはコースを渡って並びます。

息子(右手前)はノリノリで踊っていてテンションMAXです。

大高緑地ゴーカート乗り場

乗り場では係員の方もたくさんいるので安心です。

2人乗りのゴーカートは保護者(右側乗車)側にアクセルがあります。
中央付近にブレーキがあり、ハンドルは2つあってどちらも使えます。

良くあるタイプですね。
親がアクセルを」調整して、子供がハンドルをきる。

最近の車と違ってパワステがないので、ハンドルは重く感じますね。
車のパワステはすごい。

 

 

コースの様子

大高緑地ゴーカートのスタート地点

コースは1人乗り用と2人乗り用が2車線で並走します。
黄色30番のカートが私と息子です(嫁撮影)

 

大高緑地ゴーカートの直線

写真右手は小さい子供用の電動式の乗り物がある場所で、左手は大道芸人がパフォーマンスなんかをよくやっています。

 

大高緑地ゴーカートのゴール後

終わって息子は大満足。
チケット売り場に合計3回いきました。
でも合計450円とやはり市の運営施設は安いですね。

 

 

まとめ

ゴーカートが乗れる場所は市内にいくつもありますが、大高緑地は比較的家から近いので重宝してます。
駐車場がもう少し空いているといいのですが、やはり市内だと難しいんですかね。

以前行った刈谷ハイウェイオアシスでは待ち時間が1時間近くあったので余裕です。
ゴーカートだけなら大高緑地の方がおすすめ。

(広告)

大高緑地ゴーカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です