高崎オーパの猫カフェ「モフアニマルカフェ」へ子供と行く

高崎オーパ猫カフェ モフアニマルカフェ

猫カフェは意外にも群馬県に数店ありますが、一番新しく綺麗なのが高崎オーパの「モフアニマルカフェ」。
2018年8月10日にオープンしたばかり。ピカピカの店舗に平日に行ってきました。
まだ、スタッフさん(猫ちゃん)も慣れていないのか、やんちゃ盛りで楽しめました。

スポンサードリンク

高崎オーパ 猫カフェ「モフアニマルカフェ」

概要

モフアニマルカフェは都心を除く、関東を中心に5店舗ほど展開しているカフェ。
店舗によって多少違いはありますが、猫に特化しているわけではなく、小動物とドリンクを飲みながら癒されるお店です。

高崎オーパは猫専門ですが、他店舗ではフクロウ、ミーアキャット、ハリネズミ、インコ、うさぎなど珍しい動物と触れ合うことができます。
近代的な小動物園といったお店です。

 

利用の流れ

モフアニマルカフェの受付

受付で注意事項の説明を受けてから、手を消毒し、入館証を首からかけます。
入館時にも飲み物の注文を聞かれますので頼んでしまった方が手っ取り早いです。
もちろん、あとからの注文でも問題ありません。

飲み物は、猫ちゃんが飲んだり、ひっくり返したりするので蓋つき。
ひたすら子供の飲み物を狙う「ヤツ」の対策(笑)

店舗内では空いている場所で好きにくつろげます。
猫がいる個室風の仕切られた空間や、オープンシートの席などいろいろあります。

彼らも慣れているせいか、遊び相手には不自由しないので、なかなか寄ってきません。
そういう場合はおやつ(数量限定300円/1瓶)が強烈に効きます。

帰りは入口の受付で入館証を返却して、お会計。「またのお越しを」

 

料金

モフアニマルカフェの入場証

コインパーキングと同じ料金システム。
入場料金は10分200円が基本で、最大料金が設定されています。
最大料金は平日、祝日・休日で違います。

料金は平日最大1,600円、祝日・休日2,400円(税別)。(2018年10月現在)
最新の料金は公式サイトにて。

大人も子供も料金は同じです。
お会計は後払い制。

入場料金以外に、コーヒーや紅茶、フローズン、ビールの飲み物が別料金で注文できます。

 

メニュー

モフアニマルカフェのメニュー

2018年10月現在のメニューは以下のとおりです。

メニューホットアイス
コーヒー400円400円
440円(大)
カフェラテ500円450円
490円(大)
カフェモカ500円450円
490円(大)
ココア500円450円
490円(大)
キャラメルマキアート500円470円
510円(大)
ウインナーコーヒー430円430円
470円(大)
アールグレイ400円
森いちごのハーブティー400円
はちみつレモンルイボスティ400円
アイスティー400円
440円(大)
ジャスミンティー400円
440円(大)
フローズン
(イチゴ)
600円
フローズン
(マンゴー)
550円
フローズン
(キャラメルコーヒー)
550円
ビール600円

半分以上の人はドリンクを注文していません。
「猫カフェ」といいつつ、カフェ目的で来る人は少ないですからね。

 

注意事項・ルール

小学生以下は一人では入場できません。18歳以上と入場が必要です。

また、残念ながらネコを抱っこすることはできません。
やさしくなでるのはOK。
カフェの空間で、備え付けのおもちゃで遊んであげたり、おやつ(個数限定)をあげたり、眺めて癒されるというお店です。

他の動物がいる施設(動物園、牧場など)を利用した場合は入場できません。
都内の別の猫カフェで発生したネコパルボウイルス(補足)もあり、必ず守ってあげたいルールです。

(補足)ネコパルボウイルス
猫汎白血球減少症。類似の動物から感染。感染力が高く、特に幼猫の死亡率が高い怖~い病気

 

混雑状況

休日のモフアニマルカフェ高崎オーパ店

2018年10月現在、オープン当初からだいぶ混雑は落ち着いています。上の写真は日曜日の15時の様子。店員さんによると、混雑する日でもこれぐらいとのことです
土日祝日の利用者は多いですが、待ち時間が発生したり、時間制限が設けられたりすることはありません。
十分に子供連れでも時間を気にすることなく好きなだけ楽しむことができます。

平日は常時3,4組が店舗内にいるぐらいで空いています。
ゆっくり猫ちゃんを独り占めできます。

 

モフアニマルカフェの店内の様子

座席

座席は大きく3種類ありますが、基本的にほとんどの人は座りません。
座っていても猫ちゃんが来ないからです。

モフアニマルカフェのオープン席

オープン席です。
椅子と机の高さがほぼ同じなので机としての利用は不便ですが、猫ちゃんがのぼれる高さです。
店内が見渡せるので、いろいろな猫を見ることができます。

 

モフアニマルカフェの個室席

静かに癒さたい個室席です。
なかなか猫がうまいこと来てくれませんが、猫もまったりモードに入れば独り占め。
抱っこはできないので、招き入れる猫(笑)

 

モフアニマルカフェのボックス席

窓側のボックス席です。
個人的には外から丸見えなので避けたい席です。
何人かで行く際には利用しやすい。

 

モフアニマルカフェの猫

 

昼食中のネコ達

普段は気ままにゴロゴロしていますが、11時頃のご飯になると大騒ぎ。
(時間は目安。必ず11時にお食事かどうかはわかりません)

おとなしい猫がほとんどですが、一匹面白いのがいます。「バロン」君ベンガルの男の子です。
ひたすら息子のイチゴのフローズンを狙ってきます。
飲み物はみな蓋がついているので舐められませんが、ストローをベロベロ。ストローは店員さんに交換してもらう(笑)
活発な男の子6か月のバロンで首輪がオレンジ。見かけたら飲み物のストローにご注意を。
※素早くて写真を取り逃す

 

他にもある群馬県の猫カフェ

調べた限り、群馬県内にあるのは本記事でご紹介のモフアニマルカフェを入れて3店舗。

高崎市のキャッツプラネットでは猫+占いができる変わったカフェ。猫を愛するマスターのアットホームなお店です。

みどり市ポポは捨て猫や飼い猫をマスターが飼う喫茶店です。20年以上前から営業している、猫がいるカフェ。

上記2店舗はいずれも個人経営なのでアットホーム感を味わいたい人向け。ルールはある程度融通がきく。
綺麗な店内で猫に癒されたいなら高崎オーパ。ただし、ルールは少し厳しい。

スポンサードリンク

 

まとめ

我が家も動物は大好きですが、昔実家で亡くなってしまったインコやワンちゃんのことが今でも悲しくて、飼うのは躊躇します。
いろいろな事情で動物が飼えない方も多いと思いますが、こういった猫カフェで一時の触れ合いだけでも十分楽しめます。

子供も小学校低学年でヤンチャになってきましたが、ネコカフェ帰りにはなんか優しくなった気がします(笑)
高崎opaの子供の遊び場に「遊びパーク」もありますが、両方行けば子供も大満足間違いなし。

高崎opa自体もきれいですが、猫カフェは県内で一番新しいので気持ちよく利用できます。
土日でも比較的オープン時の混雑はなくなりましたので一度どうぞ。

(広告)

高崎オーパ猫カフェ モフアニマルカフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です