「SLみなかみ」渋川駅で本物のSLを見る

渋川駅停車中のSLみなかみ

群馬家を走るJR上越線では、3月から9月の行楽シーズンになると毎週本物のSLが走ります。
D51(デコイチ)の愛称で人気のSLです。

私の住む渋川市では渋川駅で長時間停車するので、飽きずに月1回は子供を連れて見に行きます。
渋川と言えば伊香保温泉。お立ち寄りの際はSL見学もおすすめです。

子供も大喜び間違いなし!

スポンサードリンク

 

SLみなかみとは

概要

SLみなかみは毎年3月末頃から9月末の土曜日と祝日に運行される観光列車です。
稀に運行名称が変わりますが、Yahoo路線図の標記では「JR快速SLレトロみなかみ・水上行」。
きっぷを買う際は「SLみなかみ」で通じます。
一日に一往復だけですが、JR高崎駅からJR水上駅の6駅を運行します。

SLの車体は観光用に新たに製造されたわけではなく、1940年に岡山で運行開始した列車を整備し、JR東日本各地で運行するホンモノです。

SLみなかみはえきねっとでネット予約でも可能です。

SLみなかみの運行ルート

普通の電車が運行されているJR高崎駅からJR水上駅までの6駅を走破します。

 

運行カレンダー

一年中運行しているわけではなく、毎年3月末から9月末の時期に限って運行されます。
毎年ダイヤ改正の時期に見直され、2017年は3月25日~9月30日の土曜日と祝日に運行していました。
2018年は3月31日(土)より運行されます。

SL水上運行カレンダー(公式)

2018年3月から6月までの運行カレンダー(2018.3.19現在)抜粋。
運行日と列車の種類。

  • 3月24日(土)C61 20
  • 3月25日(日)D51 498
  • 4月7日(土)D51 498
  • 4月28日(土)D51 498
  • 4月30日(月)C61 20
  • 5月4日(金)C61 20
  • 5月5日(土)C61 20
  • 5月6日(日)D51 498
  • 5月12日(土)D51 498
  • 5月26日(土)D51 498
  • 6月2日(土)D51 498
  • 6月9日(土)D51 498
  • 6月16日(土)C61 20
  • 6月30日(土)D51 498

 

停車駅と所要時間

SLみなかみの停車駅

停車は以下の6駅で、2時間かけてのんびりと走ります。
東京から高崎まで行き、SLみなかみで水上温泉に行くパターンの方が多いです。

  • 高崎駅
  • 新前橋駅
  • 渋川駅
  • 沼田駅
  • 後閑駅
  • 水上駅

 

高崎-水上間

通常の列車は、13駅停車する各駅停車でも1時間5分なので1時間余計に時間がかかります。

高崎は新幹線が停まるのでせめての救いでしょうか。

往復は大変なので、子供が許してくれれば帰りは普通の列車で帰るのがいいですね。

スポンサードリンク

 

 

渋川駅でSLみなかみを間近に見る

渋川駅 駅名標

列車に乗るのも1つの楽しみですが、乗っている間はただの列車なので直ぐに飽きます。
見るのが目的であれば一番のおすすめは伊香保温泉に立ち寄る際に渋川駅で出発を見ることです。

 

JR渋川駅に入場券で入る

渋川駅入場券

じっくり見たい人は渋川駅がベスト。
自動券売機や窓口で「入場券」(おとな140円、こども70円)を買えば誰でも駅ホームに入れます。

入場券利用の注意
入場券では列車に立ち入ることはできないのでご注意下さい。

途中で4駅に停車しますが、渋川駅での停車は21分あり、いつでも空いているので好きなだけ間近で見ることもできます。

駅名時刻
高崎09:56 発
新前橋10:09 着
10:14 発
渋川10:34 着
10:55 発
沼田11:24 着
11:34 発
後閑11:43 着
11:44 発
水上12:03 着

 

SLが到着・出発する日時

3月末から9月末の土曜日が基本ですが、連休中は祝日にも運行されます。
JR東日本の公式サイトで最新の運行日をご確認下さい。

公式サイトだと出発時間が10時55分発だとは記載されていますが、到着時間は書いてありません。
2018年は10:34分渋川駅着、10時55分発のダイヤであるはずですが、念のため時刻表をご確認ください。

子供がいると21分間も時間をもてあそぶので、出発15分前ぐらいに行って写真とって見送るのが丁度良いかなと思います。

2018年からは若干時間が変更
渋川駅は17年までは11時ちょうどだったのが、10時55分になりました。
その分、お隣の沼田駅で停車時間が延びました。

 

ホームの位置

渋川駅での下り列車(午前11時発)は改札の反対側ホームの一番端に停車します。
改札を入って右手の階段を下り、線路をくぐって階段を上るパターンです。
階段奥にエレベーターもあります。

 

停車中のSLみなかみの様子

石炭を積んだSL

気候が良い晴れた日でも渋川駅は空いています。
本物の石炭を積んだ後方からの様子。SLのにおいが漂います。

 

D51498ラベル

機関室の真横から見たD51エンブレム!
製造番号は498。
鉄道省鷹取工場で昭和15年(1940年)に完成したSL。
鷹取工場とは現在の岡山県にあるJR貨物の車両基地です。

 

SLみなかみ運転席

運転室の様子。何やら配管の塊です。
機関士、機関助士の2名で運転しますが出発前はバタバタしています。

 

SLみなかみ出発

午前11時に出発です。
何回聞いても汽笛にビクッとする息子と私。きっと周りの人も・・・

汽笛の音色は1988年復活以来、5回ほど音がチューニングされています。
銀河鉄道999の汽笛を少し長く引っ張るような感じでいい音!

 

 

まとめ

渋川駅は伊香保温泉から車で15分。関越の渋川伊香保インターから5分ぐらいです。
土曜日に伊香保に向かう前の観光としておすすめです。

例えばのルート
東京出発(土曜日)ーー>渋川駅でSL見学(11:00)ーー>大澤屋で水沢うどん(11:30)ーー>伊香保温泉

(広告)