渋川スカイランドパークの料金と過去の割引イベント

スカイランドパーク料金

群馬の渋川スカイランドパークは休日になると関東各地区のナンバーでにぎわいます。
旅行雑誌やネットでも評判はよく口コミも良い子供向けの遊園地です。
人気のせいか、2018年から大人料金が1,800円から2,000円に値上げされました(悲)。

悩むのが乗り放題券を買うかどうかです。

都度購入するか?
1DAYパスにするか?
アフタヌーンパスにするか?
子供だけなのか、同伴の大人も買うのか結構悩みます。

一番お得な買い方の参考にどうぞ。

スポンサードリンク

 

渋川スカイランドパークの料金

スカイランドパーク料金

 

一日乗り放題の1DAYパス料金

入場料込みの値段で、それなりにします。

  • おとな(高校以上)2,000円
  • こども(3歳から)1,500円
  • シニア(60歳から)1,500円
  • 幼児(2歳まで)無料
夏・冬料金について
料金は夏・冬の料金があり、上記は夏料金です。
11月から2月は冬料金で100円引きになります。

>>渋川スカイランドパーク 1DAYパス 割引券(アソビュー公式)

 

15時以降乗り放題のアフタヌーンパス料金

15時から使えるのがアフタヌーンパス。
入場料込みの値段で一日乗り放題の1DAYパスよりも200円安くなります。
夏場は17時までなので2時間しかなく、200円しか安くならないのは残念な料金設定です。

  • おとな(高校以上)1,800円
  • こども(3歳から)1,300円
  • シニア(60歳から)1,300円
  • 幼児(2歳まで)無料
利用者1DAYパスアフタヌーンパス
おとな(高校生以上)2,000円1,800円
中学生以下(3歳〜) 1,500円1,300円
シニア(60歳〜) 1,500円1,300円
幼児(3歳未満)無料無料

 

都度購入する場合の料金

乗り物に乗る都度チケットを支払う方法もあります。
それが、入場料だけ購入し、園内で乗り場で券を渡す方法です。

入場料は大人500円、こども300円です。
入場料を支払えばだれでも観覧車だけは1回無料で乗れます。

大人は入場料だけ支払い、子供だけ1DAYパスにする方法がおすすめです。
やはり毎回券を買うのは面倒なので、沢山乗る子供だけパスにするのです。

スカイランドパークの券売機

乗りものによって一回あたり200円~600円です。
事前に券売機でチケットを購入して乗るときにチケットを係りの人に渡します。
チケットは園内数か所の自動券売機で購入できます。
券は100円から400円まで100円刻みで販売されています。

値段が乗り物によって違うのが面倒です。
おつりは貰えませんが、200円の乗り物で2人分を合わせて400円券で支払うことは可能です。

名称値段6歳息子の評価
観覧車はなまる400円
ネイブルコースター400円怖い
ロッキングタグ400円怖い
ゴーカート(一人乗り)400円乗れない
ゴーカート(二人人乗り)600円
アストロファイター300円
メリーゴーランド300円
アドベンチャーツアーズ300円
スカイスライダー300円
ゴーストの館300円怖い
お化け屋敷300円怖い
スカイはうす300円
氷の館アラスカランド300円
列車るんるん200円
くるくるどんぐり300円乗ってない
おもしろ自転車200円
サイクルモノレール200円
(広告)
トリップ広告

 

伊香保グリーン牧場とのセット券

近くには伊香保グリーン牧場がありますが、そこのチケットも一緒に買うことができます。

料金はそれぞれ以下の通りでお得です。
ただ、2つ行くのは結構しんどいんですよね。

 スカイランド料金(大人/子供)牧場料金(大人/子供)セット料金
一般2,000/1,5001,200/6002,700/1,700
高齢者(注)1,500(60歳+)700(65歳+)2,700/1,700
障害者1,700/1,200700/4002,700/1,700
障害者付き添い1,700/1,2001,200/6002,700/1,700
高齢者の年齢
スカイランドは60歳から。牧場は65歳からと違うためご注意下さい。
65歳以上からの購入になります。

 

年間パスは無い

残念ながら年間パスがないんですよね。

最低、年3回は行く身としては是非とも作ってほしいものです。
おとな5,000円ぐらいまでなら速攻で買いますよ~

スポンサードリンク

 

 

1DAYパスで元は取れるか?

夫婦と子供で行った場合、結構元を取るのが難しいです。
親も5~6個アトラクションを利用すれば問題ありませんが、結構ギリギリになるはずです。

以下のパターンで我が家では元が取れています。

  • 父親(40歳強)・・・1DAYパス
  • 妻(ないしょ)・・・入場券のみ
  • 息子(6歳)・・・1DAYパス
  • 息子(1歳)・・・無料

ウチの息子は最低4回はゴーカートに乗るので、私(父親)と息子だけ1DAYパスを買います。
嫁は下の息子の面倒と、観覧車(入場券に1回分ついてくる)、汽車に一回乗るか乗らないかです。

子供だけ乗るケースが多ければ子供だけ1DAYパス。
目安として小学生3、4年ぐらいなら全部ひとりで乗れます。

2年生ぐらいまでは身長制限でどうしても親が一緒に乗らないといけません。
おとなの1DAYパスがいります。(でも乗ると40歳代でも結構楽しい♪)

 

渋川スカイランドパークイベント時1DAYパス

1DAYパスは購入した本人が手首にパスをつけるので、同行者が全員パスを買う必要はありません。
当然ながら使いまわしは不可。
パスは結構頑丈で少々引っ張っても切れない。出るときにハサミで切ってもらいます。
日によって赤であったり、緑であったりもします。

 

年間の割引イベント一覧

私が把握している割引イベントは以下のとおりです。
イベント時は割安で利用できますが、どうしても混雑するので乗り物に乗れる時間も待ち時間のせいで短くなります。

新春特別割引

2018年1月2日、3日
1DAYパスが大人1,300円、こども・シニア1,000円。

開園記念日

2018年3月26日
1DAYパスが大人1,300円、こども・シニア1,000円。

メーデー群馬労働組合 特別割引

2018年5月20日(昨年2017年5月21日)
群馬県の労働組合に加盟する企業従業員に限定。
1DAYパスが年齢関係なく一人1,000円。

父の日1DAYパス特別割引

2018年6月17日(昨年2017年6月18日)
父の日にちなんで1DAYパスが大人1700円、こども・シニア1200円。
※2017年は大人1500円だったのでこちら値上げ(泣)

群馬県民の日

2018年10月28日(昨年2017年10月28日)
群馬県民以外も割引。入園料が無料。
(料金は昨年の料金)1DAYパスが1,400円、こども・シニア1,100円

茨木県民の日、埼玉県民の日

それぞれ、2017年11月13日、14日に誰でも割引料金。
1DAYパスが1,400円、こども・シニア1,100円

 

 

まとめ

渋川スカイランドパークは割引も何もない時期だと結構な料金とります。
割引サイトのアソビュー経由で買えば100円引き(入場直前でも可)で買えます。これ以上の割引は通常ありません。

遊園地系はパスを買うかどうかで悩みますよね。

でもやっぱりパスを買わないと後で後悔します。
いちいち券を券売機まで買いに行くのが面倒だし、何だかんだでパスと料金があまり変わらない。
人気のアトラクションが一瞬空いているときにサッと並べるのがパス。
券だとタイミング悪く無くなってしまうこともある。

体験施設なんかあると別料金でとんでもない出費になったりしますが、そういう点では良心的です。

(広告)

スカイランドパーク料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です