水沢うどん13店舗でコスパが1番の三升屋

水沢うどん三升屋

水沢うどんは、冷静に考えるといくら手作り、無添加と言えども1,000円超えは安いものではありません。
完全に観光化しています。
昔、水沢観音(今でもある)への参拝者向けに振る舞われたうどんが発祥の水沢うどんです。
発祥自体が観光客向けなので仕方ありませんが。

そんな水沢うどん13店舗の中で、三升屋だけは他店の半額以下の500円で食べることができる。
舞茸や野菜などの天ぷらなどサイドメニューは一切ありませんが、純粋なうどんが静かな店舗で堪能できます。

スポンサードリンク

三升屋の水沢うどん

メニュー

水沢うどん三升屋のメニュー三升屋は13店舗中でメニューも一番シンプルです。

  • もりうどん ・・・500円
  • 大もりうどん・・・600円
  • かけうどん ・・・500円
  • 大かけうどん・・・600円

冷たい(もり)、温かい(かけ)と、量で「大」+100円しかありません。
他店にあるような、舞茸や野菜などの天ぷら含め、サイドメニューは一切ありません。

水沢うどんは、冷たい方が味がわかります。
冬であろうが、風邪をひいていようが冷たい「かけ」がおすすです。

ちなみに値段は全て税込みですので、もり3個頼めばお会計1,500円と気持ちがいい。

 

定番のもりうどん

三升屋もりうどん

もりうどん(500円)には、小皿までついてきます。
きんぴらごぼう、大根を薄く切った漬物風の2皿。
あとは薬味に擦り胡麻、ネギです。
普通のうどん屋さんでもこれで500円以上はします。
いつもは大盛を頼む私でも、普通盛りで十分でした。

三升屋もりうどん

近くでみるとうどんは本当にきれい。
良く見ると手作り感が満載で、大量生産されるうどんとは違い、食欲をそそります。
味も基礎の基礎というクセがない味で、味にうるさい子供も静かにズルズルと食べきる。

三升屋の遊び心

うどんに飽きてきたころに、中から星がでてきます。
勿論うどんです。
子供に当然のように食べられるので私も妻も食べることはできない(笑)

 

もりうどんのタレはポン酢ベース

水沢うどん三升屋のタレ

タレは私が好きなポン酢。
小皿には薬味としてネギとゴマが付いているのでゴマ好きも大丈夫ですが、嫁は胡麻大好きなので、薬味のゴマだけでは足りない様子。

タレは多めにもらえるので、みんなで薄くなったら継ぎ足します。
うどんを食べ終わったあとに美味しくて飲んでしまった。

 

うどんのお土産

三升屋のお土産
店頭ではお土産にうどんも販売しています。
パック入りで500円。
店舗でだされる生めんではなく、乾麺なので少し味は違います。
でも当然、その辺のスーパーで買うよりは美味しいですよ。

スポンサードリンク

 

三升屋の店内

店内は本当に静かです。
他の大型点は人も多いのでどうしてもザワザワした感じで落ち着きがありません。
ここ、三升屋は静かな店内に、調理場からトントンとうどんを切る音。近くの水沢観音の鐘の音が響き、風情があります。
汚い大人の心が洗われます。

店内のテーブル席・座敷

水沢うどん三升屋の店内

店内は木調のすごく清潔な感じです。(↑写真は座席から)
テーブル席が5卓(4人掛けx2、2人掛けx3)、座敷(4人 無理すれば5人)が1席あります。
水沢うどんの店舗の中であれば一度に最大18人と一番少なく、小さい店舗。

 

駐車場

店内はテーブル5卓と座敷1つ。
それ程人数は入れないこともあり、駐車場は5台分のみです。
日曜日の11:30頃に行った際は他にお客さんはおらず、駐車場も空状態。
店を出る12:30頃には丁度駐車場が満車でした。(ウチが出たら空き)。

駐車場自体は前後左右が広めなので、初心者でもウチの嫁でも余裕をもって停めることができます。
県道15号線の通称水沢うどん通り沿いですぐにわかります。

 

お店の混雑具合

周辺の大型人気店は皆駐車場も満車でしたが、三升屋は1~2台の空きがある状態。
比較的他店よりもメニューが少ないこともあり、回転は速い。
満車ならどこかでUターンしてこれば空く確率が高いですよ。

やはり店舗としては小さいので派手な宣伝ができない分、お客さんも少な目です。
それがいい。
大型店は騒がしくて落ち着かないですが、ここは最高。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

やはり皆さん宣伝やホームページなんかを見るとついつい大澤屋や、清水屋など大型店が目立ちますが、こちらの方がうどん自体は美味しい。(嫁&私の意見一致)

値段も激安なので、3人前で1,500円。
外食にしても安い。

派手な有名店も良いですが、素の水沢うどんを味わうならこの店舗が値段と美味しさで一番お得感があります。
どうしても舞茸天などサイドメニューも楽しみたい場合は向かないですね。

三升屋(地図)
住所:〒377-0103 群馬県渋川市伊香保町水沢221
電話:0279-72-3018
営業:11:00~17:00(水曜定休)
URL:公式サイトなし

(広告)

水沢うどん三升屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です