黄金の湯館でお食事「レストラン若藤」

伊香保 黄金の湯館

立ち寄りの湯として日帰りで気軽に利用できるのが「黄金の湯館」です。
温泉に入ったあとは施設内にあるレストラン若藤で約40種類のメニューが楽しめます。

帰る前のバスや電車の待ち時間で軽食や、夜にお腹が空いたら寄るなど近くに飲食店は少ないため、便利に活用できます。
レストランだけであれば入場料無料で入ることができます。

本記事ではレストラン若藤のメニューを詳しくご紹介します。
(メニューは2017年10月現在)

スポンサードリンク

黄金の湯館のレストランメニュー

定食系・ご飯もの

黄金の湯館レストランメニュー
  • 釜飯御膳・・・1,280円
  • やまと豚ソースカツ重・・・1,280円
  • 海老天丼・・・980円
  • まぐろ丼・・・980円
  • ねぎとろ丼・・・980円
  • カツ丼・・・980円
  • 生姜焼き定食・・・880円
  • 肉じゃが定食・・・880円
  • もつ煮定食・・・880円
  • 煮カツ定食・・・880円
  • チキン南蛮定食・・・880円
  • 回鍋肉定食・・・880円
  • 野菜炒め定食・・・880円
  • ミックスフライ定食・・・880円
  • とんかつ定食・・・880円
  • カツカレー・・・880円
  • チキンカツカレー・・・780円
  • カレーライス・・・580円

やまと豚ソースカツ重

黄金の湯館 群馬のやまと豚ソースカツ重

これが一番おすすめです。何回でも食べたい!
ご存じない方も多いかもしれませんが、群馬県はやまと豚の1,2を争う産地です。

やまと豚の特徴としては、純国産だということ。これだけで美味しそうですね(旨)
比較的新しいブランドで、2001年に生まれてから育種改良が常に行われ、日本人の味覚に合わせた肉質を追求。日本で高評価される一方で、2015年からiTQi(国際味覚審査機構)において三ツ星を3年連続で獲得しています。

柔らかい、クセがない、旨味がある、あっさりとしている。
といった日本人好みの味。日本人だけでなく、海外からも注目されているのです。

やまと豚ソースカツ重

やまと豚ソースカツ重の肉厚はかなりあります↑
私は普段あまりロース系は食べません。カツはサッパリしているヒレカツが好きなのですが、これだけは別格。

子供でも余裕で肉がかみ切れるぐらい柔らかい。
ソースは少々甘味のあるタレで若干好みがあるかもしれませんが、肉のあっさり感と良くあっています。

黄金の湯館のレストランへ行くなら絶対食べてほしい。

 

とんかつ定食

豚カツ定食

こちらは普通のとんかつ定食。
残念ながらやまと豚ではありませんが、普通に美味しいですよ。

初回、息子が無難だということで注文しましたが、やまと豚をかなり食べられました。
食べ比べると違いは歴然ですね。

 

カツカレー

カツカレー

中辛ぐらいなので、辛いのに反応する子供だと途中で残すかも。
サラダ付き。

 

チキン南蛮定食

チキン南蛮定食

元は宮崎県発祥の郷土料理ですが、今や全国に普及。
タルタルソースに良い味付けがされています。
このレストランでは、全般的に味付けが上手に感じます。

 

洋食系・ラーメンのメニュー

黄金の湯館レストランメニュー
  • 鉄板ハンバーグ(デミ、おろし)・・・980円
  • 鉄板ナボリタンセット・・・880円
  • 味噌チャーシューメン・・・880円
  • 醤油チャーシューメン・・・880円
  • 味噌ラーメン・・・590円
  • 醤油ラーメン・・・590円
  • 塩タンメン・・・590円
  • 単品ライス・・・200円
  • 単品味噌汁・・・100円

群馬県内に数多くの温泉で食事処がありますが、鉄板ハンバーグは珍しい。
トッピングもソーセージ、目玉焼き、鶏肉がそれぞれ200円で可能です。

 

 

そば・うどん系

黄金の湯館レストランメニュー
  • 肉そば・・・680円
  • 肉うどん・・・680円
  • 山かけそば・・・680円
  • 海老天そば・・・680円
  • かけそば・・・530円
  • 山かくどん・・・680円
  • 海老天うどん・・・680円
  • かけうどん・・・530円
  • 天ざる御膳(うどん・そば)・・・1,280円
  • 天ざるうどん、そば・・・880円
  • ざるうどん、そば・・・580円
  • とろろそば・・・680円

天ざる御膳はミニまぐろ丼か、ミニチャーシュー丼がセットになります。

スポンサードリンク

 

レストランの営業時間・施設情報

営業時間

通常営業は11:00~20:00

深夜営業があったりするため事前に電話確認をお勧めします。
電話番号: 0279-30-4100(黄金の湯館)

入場料は不要

レストランで食事するだけであれば入館料は必要ありません。
受付でそのように言えば通してもらえます。

温泉にも入る場合は、伊香保で夜中まで入れる立ち寄り温泉「黄金の湯館」の記事が参考になります。

駐車場

マークがあるのが駐車場です↑
「黄金の湯館」のレストランは伊香保グランドホテルが運営しています。
ホテルと駐車場が共用なので誰でも無料で利用できます。

駐車場は道路(33号線)にデカデカと看板が出ているので迷うことはありません。
入口は黄金の湯館と駐車場の間の曲がった道路側から入ります。
駐車券は不要で、満車になることはないぐらい広い駐車場です。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

その他ドリンクバーは館内にいる間ずっと有効なので300円は安い。
通常は300円ですが、食事を注文すると200円になります。

観光地の食事なので多くは期待しない方が良いです。
ただ、他の食堂レベルより遥かに美味しいので避けるまでの理由はありません。

ホテルの食事代を節約する場合、翌日の出発時間までの腹ごしらえなど、近くに食事処はないので活用範囲は広いですよ。

(広告)

伊香保 黄金の湯館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です