渋川スカイランドパークで割引が可能な3つの方法

渋川スカイランドパーク正門

スポンサードリンク

群馬の渋川スカイランドパークは休日になると関東各地区のナンバーでにぎわいます。
旅行雑誌やネットでも評判はなかなか高い子供向けの遊園地です。

いつ行ってもそれなりの人がいるせいか、割引に関してはあまり期待ができません。

通常の割引やクーポンは一人100円までです。
それ以上の割引きは地域住民向けのイベントしかありません。

渋川スカイランドパークで割引が可能な方法を詳しくご紹介します。

 

渋川スカイランドパークでパスや入場料を安く済ませる方法

渋川スカイランドパーク1DAYパス

ネットで1DAYパスを購入する

渋川スカイランドパークはレジャー予約サービスのアソビューと提携しています。

ネットで事前購入することで常に100円引きで乗り放題パスを買うことができます。
事前といっても当日でも可能なので助かります。

>>渋川スカイランドパーク 1DAYパス 割引券(アソビュー公式)

購入後、窓口で購入した画面をスマホで見せれば入場できます。
入る際も楽チンです。

利用者通常料金割引料金
おとな(高校生以上)1,800円1,700円
中学生以下(3歳〜) 1,500円1,400円
シニア(60歳〜) 1,500円1,400円
幼児(3歳未満)無料無料

 

公式サイトで割引券を印刷する

公式サイトには100円割引券が掲載されています。

印刷が必要なので面倒ですが、チケット売り場で100円引きしてくれます。

>>公式サイト(要プリンタ)

紙での印刷が必要です。
スマホの画面を見せるだけではダメでした。

 

JAFの会員割引

JAF会員証の提示で100円引きになります。

会員の方はこれが一番簡単ですね。

しかしJAFで全国の色々なところで割引ができますが、どこで使えるのか多すぎてわかりません。
他の施設でもダメもとで提示したら結構いけるかもしれません。


おでかけが多い人はJAF会員お勧めです。
割引施設が多く年会費なんて余裕で元がとれます。

 

アフタヌーンパスを利用する

公式の割引パスですが、15時以降の入園であれば乗り放題の安いパスです。

おとな1,500円で閉園は17時。
2時間でギリギリ元が取れるぐらいですね。

アフタヌーンパスは各100円引きの対象外ですので組み合わせは残念ながらできません。

利用者1DAYパスアフタヌーンパス
おとな(高校生以上)1,800円1,600円
中学生以下(3歳〜) 1,500円1,300円
シニア(60歳〜) 1,500円1,300円
幼児(3歳未満)無料無料

 

特別なイベント割引

一般向けではありませんが、主に地域住民向けのイベントが年数回あります。

例えば5月メイデーに合わせて労働組合向けイベントが5月にあります。

2017年は5月21日の開催でチラシ(コピー化)で1DAYパスが1,000円でした。
渋川スカイランドパークイベント時1DAYパス

↑特別イベント時には1DAYパスが特別色で「青」になります。(通常は赤)

 

まとめ

人気の渋川スカイランドパークですが、普段100円割引しかないのが残念なところ。

考えてみると遊園地などで大幅な割引がされる場所はあまり聞いたことがありませんね。

JAF会員の方は、会員証の提示。

それ以外の方は、アソビューで事前購入(当日その場でも可)です。

>>渋川スカイランドパーク 1DAYパス 割引券(アソビュー公式)

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

男児2名の父親です。 休みの日に子供をどこに連れて行こうかいつも考えています。 誰かのお役にたてればと、親離れするまで気長に書き続けます。