日帰り温泉で地元で人気の北橘温泉ばんどうの湯

ばんどうの湯

渋川伊香保インターより北東へ10分程のところにあるのが北橘温泉(きたたちばなおんせん)です。
誰でも日帰りで利用できる北橘温泉の立ち寄り湯が「ばんどうの湯」。
宿泊は渋川駅より送迎ありのたちばなの郷になります。

群馬には454の温泉がありますが、ここは県外から日帰り温泉で立ち寄るのにも地元民としておすすめです。
飯は旨いし、露天風呂の景色が良い。
さらに施設全体がきれいなのが家族連れにはポイントが高いです。

ばんどうの湯の様子についてご紹介します。

スポンサードリンク

ばんどうの湯の概要

行き方

住所:〒377-0061 群馬県渋川市北橘町下箱田605−5地図(GoogleMap)
電話:0279-60-1126

渋川伊香保インターより車で10分程。
駅からの送迎サービスはないため、電車の方は渋川駅からだとタクシー(15分)を利用するしかありません。

夜行くと周囲は田んぼばかり。
暗くて何もなく、不安になりますが、ナビやタクシーを信じて向かいます。

 

料金

大人300円、こども200円。
渋川市内でもここは最安値クラス。
他の日帰り湯は普通は大人が500円ぐらいします。

 

食事施設

ばんどうの湯食堂

ちゃんとした食堂が施設内にあります。↑
平日の閉店間際でガラガラ。
きちんと奥の厨房で調理しているのでレストランと変わりません。

群馬はこういった食事+日帰り温泉の施設が多く、地元民は週末になると家族で温泉に入ってメシ食べて帰るパターンが根付いています。
温泉大国だからこその生活です。

ばんどうの湯 野菜炒め定食

ばんどうの湯でおすすめは「野菜炒め定食」750円。(写真↑)
ニンニクが結構きついですが、翌日予定がないときは必ず食べます。

スポンサードリンク

 

ばんどうの湯のお風呂

露天風呂

ばんどうの湯 露天風呂

露天風呂からは渋川市の景色が見下ろせます。
他にも景色が良い露天風呂はありますが、ここは夜景がオススメ。
遠からず、近からずの距離がほどよい。

露天風呂の奥には水車が回っていて、更に打たせ湯があります。

 

洗い場

洗い場が少ないのが難点。
週末の夕方なんかになると混雑します。

私のように6歳、1歳の子供二人を入れるとちょっと大変。
洗い場が空くのを2、3人待ちます。

ばんどうの湯には洗うときに使う予備の椅子が数個用意されていて助かります。
ただ、中には洗い場の数しかない温泉もあるので、最近では下の息子用にマイ椅子持参です。

 

泉質

水は無色透明。
特に臭いはありませんが、舐めるとしょっぱい。

ばんどうの湯は小野上温泉さちの湯と同じ「塩化物泉」で塩分を含みます。
塩分を含む温泉は湯冷めしにくいのが特徴です。
水の蒸発を塩分が防ぐためです。夏は暑い暑い。
それがまた良く、最近めっきりみなくなった岩盤浴の後みたいにさっぱりします。

もう一つは傷系に効果が高いという効果があります。
塩分の殺菌作用で切り傷や皮膚炎などきれいに殺菌できますよ。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

とにかく安く、景色も丁度良いので何度も行きます。
他県から友人が来た際は真っ先に勧めます。
小さい子供がいる家族であれば、スカイテルメの方が洗い場が広いので幼児連れでは少し負けています。
そうと知っていても、6歳児と1歳児を連れてばんどうの湯には行ってしまう魅力があります。

(広告)

ばんどうの湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です